切削加工とは、専用の装置を利用して金属や樹脂を削っていき設計に即した形状に形作っていく加工手段のことを指します。金属製品の生産においては、一般的な手段です。切削加工には除去加工という別名もあります。これは、材料の不要な部分を除去して成形を行っていくことに由来しているようです。

切削加工を行う上で、マシニングセンタと呼ばれる装置を使用します。これは、必要に応じて最適な工具を選び使用することできるものです。成形したい製品の形状に応じてフライス盤やジグ中ぐり盤、旋盤などの適切な機械を選択できるようになっています。メリットとは、材料を様々な形状に加工ができることです。

品質の高い製品を作ることも可能となります。細かな点の調整もしやすく、複雑なデザインにも対応可能です。材料の厚みに関わらず作業が可能な点もメリットであると言えます。コンピュータによる制御も可能なため、人的コストを削減することも可能です。

デメリットとは、切削加工の業者によって取扱い可能な材料が異なる場合が多いので業者選びに時間を要する可能性があることです。業者によって専門領域が分かれていることが多く、材料によっては得意不得意が分かれてしまうようです。依頼前に業者ごとの専門をリサーチしておくと良いでしょう。さらに、大量生産には向いていないというデメリットもあります。

大量になるほど金型を削る際に生じる屑が多く発生しコストがかかる恐れもあります。あくまで少量生産に適した手段であることが分かります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です