自動車に乗れば自由に好きな場所へ行くことができます。普段の買い物からレジャー、通勤まで暮らしをサポートしてくれる存在です。時計やカメラなどの精密機器も現代では欠かすことができません。時計があることで時間がわかり、計画が立てられ、その通りに進めていけます。

私たちの便利な暮らしは、さまざまな製品によって支えられているのです。自動車や精密機械はあらゆる種類の部品を組み合わせて一つの製品となり、元となる部品一つ一つがそれぞれの専門の工場で製造されています。自動車部品や精密機械部品の製造方法に切削加工があります。切削加工とは専用工具を用いて金属などの対象となる材料を切ったり削ったりする加工方法のこと。

工具が回転する転削と対象物を回転させる旋削といった方式があります。対象物を機械で回転させて切削工具を当てて削る旋削加工、逆に刃の方を回転させて削るフライス加工、工具を回転させ対象物に穴を開ける穴あけ加工の3種類に分類されています。切削加工には、旋盤で使用するバイト・フライス盤で使用するフライス・穴を開けるドリル・開けた穴をさらに加工するリーマー・エンドミル・タップなど数種類の切削工具が使用されているのです。切削加工のメリットは射出成形や鋳造などと違い金型を作る必要がありません。

そのため初期投資が少なく済みコストを抑えることが可能です。また多種多様な形状を作ることができます。切削加工は生活を維持していく上で必要不可欠な加工方法なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です