切削加工には単刃工具と多刃工具を使う方法があり、更に大きく分けるとターニングと呼ばれる旋削加工とミーリングと呼ばれるフライス加工、ドリリングと呼ばれる穴あけ加工の3種類に分類されています。3種類それぞれを用途に合わせて使い分けることにより、より繊細に精密な加工を行うことが可能になります。切削加工3種類それぞれの特徴としては、旋削加工の場合素材を機械で回転させ、回転させた素材に切削工具を当てて削る方法となります。使用する道具には旋盤という素材を固定し、回転させる機械と素材を削っていくバイトという工具を使って加工を行うため、金属など硬い素材にも容易に削ることが可能です。

フライス加工は旋削加工とは逆方向に刃を回転させる加工方法であり、旋削加工は丸い素材を対象にしているの対してフライス加工は四角い素材を加工する時に便利です。材料が固定されているテーブルに回転中の刃を移動させ、滑らせるようにして削っていきます。この時に使用するフライス盤には正面タイプ、平タイプとエンドミルなどの種類があります。切削加工の3種類のうち最後の穴あけ加工は、工具を回転させて素材に穴をあける方法であり、テーブルの役割をするボール盤と穴をあけるためのドリル、穴をあけた穴の精度を整えたり表面を綺麗にするリーマと呼ばれる工具を使用します。

この加工で使用される工具は形は異なりますが、一つ一つ異なる役割を持っており穴あけ加工にとって欠かせないものばかりといわれています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です