切削加工には大きく旋盤加工とフライス加工とボール盤加工があります。まず旋盤加工は、工作物を回転させて刃物を当てて切削する加工のことです。主に丸いものを加工するのに最適です。次にフライス加工では、平面に工作物を置いて、刃物を回転させて移動させることで加工します。

平面精度の加工や穴加工をすることが特徴となります。最後にボール盤加工は、平面に工作物を置いてドリルを回転させて穴加工を行います。特殊な切削加工もあります。大きな平面を加工するためにブローチ盤という機械を使って荒加工から仕上げ加工を一気に行うのです。

また、歯車を加工するためにホブ加工やシェーパー加工などがあり、歯車の歯の形をした専用刃物で加工します。キー溝を加工するためにはバイトを上下運動させるスロッターという加工の種類もあるのです。これらの加工の種類は専用の加工方法で特殊な刃物と専用機械が必要となります。切削加工の種類を組み合わせることもできます。

主には数値制御の自動機械を使って加工する機械にこれが実現するのです。マシニングセンタでは、フライスとボール盤が統合されており、平面加工や穴加工ができます。マガジンといって刃物を収容する場所があり刃物交換も自動なのです。つぎに、フライスとボール盤と旋盤を組み合わせた複合旋盤というものがあります。

丸くする加工のみならず、平面加工や穴加工を実現して効率的な生産が実現します。複合機械は、生産性が高まり便利な工作機械なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です