切削加工には主に三つの種類があり、それぞれの特徴と使い方を理解する必要があります。多くの工場では、この三つの種類を使い分けながら様々な加工がなされ、商品や部品が作られるからです。では、一つずつ調べてみましょう。一つ目は旋削加工で、ターニングとも言われています。

素材を機械で回転させて、回転している素材に専用の工具を使って加工する方法です。使う工具は単刃で種類がたくさんあります。作りたい部品によって、使う刃も変わってくるので職人は一つずつ覚える必要があるのです。二つ目はフライス加工と言い、ミーリングとも言われています。

旋削加工とは反対で、固定された工具に素材をあてて加工していきます。使うのは多刃工具になりますが、四角い素材を加工するのに用いられます。加工方法によって、使う道具は変わってきます。複雑な形状のものも作ることが可能です。

三つめは穴あけ加工でドリリングとも言われています。切削加工では、一番簡単に思えるかもしれませんが主に穴あけをします。穴あけをする機会をボール盤と言い、それにドリルやリーマという多刃の工具を取り付けて使うのです。切削加工では、これらの三つの種類がありそれぞれの特徴や作ることが出来る部品や商品は変わってきます。

三つの種類を理解して、道具の使い方を覚えることで様々な部品や商品を作ることが出来るのです。一人前になるために全てを覚えるのは大変ですが、非常に大事であると言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です