切削加工は金属などをバイトやフライス、ドリルなどの工具で加工して目的の形状を得る技術です。この加工技術は主に金属に使われていますが、木材やプラスチックなどに使われることもあります。鉋やノミなどを使って大工が木材を加工するのも切削加工の一種で、様々な工場では工作機械を使った加工が広く行われています。切削加工は多種多様な形状の製品や部品を作ることが可能で、複雑な形状にも対応できます。

高品質な製品を作ることができ、コンピュータが加工条件を数値制御するNC加工も行われています。切削加工にはフライス加工のように工作物を固定して工具を回転させる方法と、旋盤加工のように工具を固定して工作物を回転させる方法があります。いずれの方法にも汎用フライスや汎用旋盤のようにスタッフが手動で操作する装置だけでなく、NCフライスやNCフライスのようなコンピュータによる数値制御が行われる装置が存在します。スタッフが手動で操作する装置は微細で高品質な仕上がりにできますが、一定の習熟が求められます。

コンピュータが数値制御を行う装置は、初心者でも一定以上の品質で加工ができます。手動で機械を操作する場合には1つの製品が完成するまでに時間がかかり大量生産が困難なだけでなく、無駄な切り屑が発生してしまいます。しかしコンピュータによる数値制御を行えば短時間で効率的に切削加工を行うことができ、材料の無駄を省いてコストを抑えることも可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です