文字通り切って削る切削加工は塊から目的の形を削り出すのが特徴で、ものづくりの現場において広く普及して活用されています。切削加工は加工精度が高いという強みがありますから、精度が重要で誤差が許されない形を削り出すのに最適です。また複雑な形状にも対応できるので、特定の形状に限定されませんし、柔軟に必要な形を削り出せることもまた特徴の1つだといえます。一方では材料の種類を問わず、金属を始めとしてプラスチックや木材も削り出せるのがポイントです。

硬い素材の加工もお手の物ですし、逆に柔らか過ぎて扱いにくいような素材も、削り出そうと思えば形を出せます。切削加工と一口にいっても、フライス加工や旋盤加工に穴あけ加工など、複数の種類に分類することができます。フライス加工は刃物の回転による削り出しで、材料を固定して刃を当てながら削り取っていくのが特徴です。旋盤加工は回転する旋盤を用いるのがポイントで、刃ではなく爪を使って削っていく点に違いがあります。

穴あけ加工は名前のように穴をあけることを目的としており、一般的にはネジ穴の加工に用いられることで知られています。他にも研削やきさげ、NC加工といったものもありますから、切削加工は幅広く種類があって使い分けられることが分かります。切削加工は、削って形を出すやり方の種類が多いこと、素材を選ばずに加工できたり精度も出せる点に特徴があります。特徴が分かると強みが見えてきますし、具体的に現場でどのように活用するか、そのイメージを思い描くことができるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です