切削加工は文字通り、切ったり削ったりすることが中心となる加工方法です。加工の対象となるものはプラスチックや木材など色々ありますが、金属を加工する際に多く用いられる方法です。そして、ねじや歯車のような細かな形状まで実現可能です。基本的には素材の塊の中から任意の形を作り出していく、彫刻のような進め方が特徴な方法です。

ドリルや旋盤など何らかの刃が取り付けられた機械を用いて、回転させながら必要ない部分を取り除いていきます。回転するのが素材または刃のどちらかになるのかは、形や素材によって変わります。金属で任意の形を作るためには、一度溶かして型に流し込んで冷やし固めるという方法もありますが、その場合は溶かすのも冷やすのも時間がかかります。また、型が使い回しができないことも多く、コストがかかりがちです。

それに対して切削加工は比較的シンプルな形であれば短時間で仕上げられる上に、コンピュータを使って自動で加工することも不可能ではないという特徴があります。その他にも強い力をかけて曲げたり、伸び縮みさせたりする方法もありますが、その場合は強度など性質が変わってしまう恐れがあります。けれど、切削加工であれば周囲の必要ない部分を取り除くだけで、正しく加工されたのであれば仕上がった製品へのダメージはあまりないのが特徴です。したがって、耐久度や精密度の高さを求める金属製品を、大量に作りたい場合には切削加工が適しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です