切削加工とは、専用の工具を使用して金属や樹脂などの材料を削ったり穴を開けたりする加工技術のことを指します。数ある加工技術の中でも最も基本となる技術のひとつで、様々な製品の製造に欠かせないものとなっています。また、切削加工の特徴としてまず挙げられるのは、複雑な形状でも加工できることです。切削加工で使われる工具には様々な種類があり、それらを使い分けることで他の加工技術では実現できないような複雑な形状へと加工することができます。

加えて、加工精度が高いという特徴もあります。切削加工は、コンピューター制御によって加工できるので、サイズなどの微調整が容易です。これにより、複雑な形状の製品でも高精度に制作することができます。さらに、多種多様な材料の加工ができるのもメリットのひとつです。

様々な種類の工具を使い分けることで、金属や樹脂だけでなく、木材やプラスチックなど様々な材料を加工することができます。また、金型を使用しないため少量生産でもコストを抑えられますし、金型製作の時間が不要なので短納期に対応することも可能です。このように、切削加工には様々なメリットがありますが、一方で金型を使用せず材料を一つひとつ削っていくという加工技術なので大量生産する場合、多くの時間がかかるというデメリットがあります。時間だけでなく人件費も増えるので、大量生産には不向きです。

加えて、材料を削った際に発生する切り屑が無駄になるという特徴もあり、他の加工技術と比べて材料費が割高になるというデメリットもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です