切削加工(せっさくかこう)は機械加工とも呼ばれる様々な製造加工方法の中で、最も基本となる加工技術の1つですあり特徴である旋盤・フライス盤・NC盤・マニシングなどの工作機械を使用することで材料を切ったり削ったりして、不要な部分を無くす切削加工により求められたサイズやデザインに成形することを示します。それぞれの拠点でニーズに合った安定的な供給をするために海外に工場を持つ企業もあり、国内同様の検査・点検を行い輸出入を行っています。切削加工の特徴は複雑な形状の加工ができたり高精度の加工ができることや、どんな材料でも加工ができるだけでなく少量生産でも比較的安いコストで依頼することができることが主に挙げられアルミ・ステンレス・鉄などの金属以外にもプラスチックや樹脂などの材料も可能なため、電気や電子・産業用機械類・医療機械など私たちの身の回りになくてはならない幅広い分野の部品に活用されています。そして、製品の中に組み込まれている機構部品などの工業製品は高い技術と精度が要求されるものですが、それを可能にする加工ができることでもあります。

他の加工に比べて切削加工の工具の特徴は刃物やドリルを使うことで、ある程度の厚みがあるものでも加工ができ表面を滑らかにする最終仕上げまでの期間がスピーディーなため中心的な加工技術として知られていますし、技術が発達し続けておりますます精度の高い商品が作り出されていますので、今後の業界での発展や注目度が上がると予測されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です