切削加工は、切削工具類を用いて削り取る方法です。たとえばねじは一つの金属を削ってねじの形にする方法で、これも切削加工に該当します。その特徴敏として加工の精度が高いことがあげられていて、例えば圧着して加工する成形や材料同士をつなぎ合わせる接合加工と比較して、切削加工は非常に細かな単位(マイクロレベル)での加工が可能な点が最大の特徴といえるでしょう。特に精密さを要求される半導体装置や医療用機器などには、ナノレベルでの単位を求められることがあってこの技術が活躍するのです。

ほかの特徴としては複雑な形状の加工が得意という点で、形状の異なる刃を利用して工程を組み合わせることで様々な形のものを作ることができます。そして素材も選択肢が多く金属加工から木材加工、プラスチックや樹脂に至るまで形や大きさ耐久性、強度に合わせて利用します。わかりやすい例でいうと、宝石の加工などがあります。宝石などに使われている原石は、ものによって割れやすかったりひびが入りやすかったりすることがあります。

これらの状態を職人が経験と技術を利用して行うことで、最も美しい輝きを放つのです。もちろん削る以外にも穴をあけたり切断したり曲げたりねじったりすることを組み合わせれば、ほぼ無限大に加工することができます。ただし素材にも耐久性に限度があるため、できることとできないことがあります。まずは専門の業者やスタッフに相談してみて、最適な方法を選ぶことが最初の一歩です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です