切削加工の特徴として加工精度の高さが挙げられます。一般的に使われている加工方法には、型を使って作り上げる成型加工や接合によって加工を行う接合加工などがありますが、その中でも精度が高いのが切削加工の特徴です。精度の高さは製品のクオリティに大きく関わり、精密な作業を必要とする製品にも重用されています。たとえば繊細な技術と精度の高い加工が必要となる半導体装置や医療用機械、ミリ単位のズレであっても大きな事故を招きかねない航空機器なども、切削加工のこの特徴を活用して作り上げられています。

また、加工できる素材が幅広いのもメリットでしょう。金属はもちろんのこと、木材やプラスチックも加工可能な素材に含まれます。樹脂の加工も可能なため、アイディア次第で多種多様な製品を生み出すことができます。飛行機の部品にも使われている耐熱合金から身近な日用品を形作るプラスチックまで網羅するため、技術を活用して作られたアイテムを知らないうちに使っていたという人も多いのではないでしょうか。

多数の素材を扱えたとしても、形状が決められていては作れるものは限られてしまいます。しかし切削加工はもう一つの特徴は、複数の刃を使うことで様々な形状に対応できるという点にあります。使われる刃を交換する、あるいは複数の刃を工程に合わせて使用するといった工夫をすれば、あらゆる形状に対応可能となります。この柔軟性の高さも、重要な製品を多くの業界に送り込んできた技術の魅力です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です