切削加工は旋盤やフライス盤、マシニングセンタなどの機械を使って、目的の形状に仕上げる加工方法です。特徴として機械の加工エリアに入るサイズなら、厚みや形状などが複雑な形状でも加工できます。板金加工やプレスのような材料厚みによる制限がなく、精密な加工を行えるのが特徴的です。板金やプレス、ダイキャストで製作した最終工程に利用されるケースもあります。

刃物の相性や主軸の加工速度などを考慮することによって、鉄やステンレス、アルミや銅、真鍮や樹脂など多岐にわたります。型が必要ないので図面や加工用NCコードを用意すると、加工を開始することが可能です。切削加工で作れる部品は加工機によって異なり、旋盤加工の場合棒状のシャフトやボス、ボルトやカラーなど丸い形状を加工できます。電車の車輪から時計の部品まで対応することができるのも特徴的で、旋盤は多くの部品加工において活用されています。

フライス加工は部品の設計をする場合、機械の得意や不得意な形状があることを把握しながらデザインするのが重要です。材料から削り量を小さくできるので加工時間の短縮に繋がり、一般的に販売している工具サイズに合わせると、特別な工具を用意することはありません。製作の納期短縮やコスト削減を実現することができ、業務効率化を図ることが可能です。複雑な形状や多面の切削加工などを実現することができ、旋盤やフライス盤などで加工ができるデザインになるよう設計することがポイントです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です