切削というのは「せっさく」と読みます。あまり聞き慣れない言葉ですが、実はとても身近にあるものです。切削加工とは一般的な加工法のことで、専用の工具(切削工具)を使用して材料を削ります。材料は金属・プラスチック・木材など色々で、これらを削って加工する技術のことです。

切削工具とはこの加工の専用のもので、工作物の形状によって様々な種類があります。金属やプラスチックでは機械の動力を使って加工し、機械の方は工作機械、工具の方は切削工具と呼ばれます。機械力ではなく、人力での切削加工もあり、使うのは鑿(のみ)や鉋(かんな)です。これらも切削に含まれ、削るという加工を行っています。

切削加工には方式が2種類あります。それは「転削加工」と「旋削加工」で、「転削加工」では「フライス加工」が代表的です。固定した工作物に回転している切削工具を当てて削っていきます。穴を開けるのが得意で、他にも平面や曲面やみぞ削りなどが可能です。

「旋削加工」では切削工具の方を固定し、工作物を回転させます。代表的なものは「旋盤加工」で、工作物が円筒形状なことが特徴です。回転している工作物を切削工具に当てて、穴開け・突切り・外周削りなどの加工を行います。切削加工とは物作りに不可欠なものですが、加工にあたってはそれぞれのケースによって加工機・工具・軸の数などを選ぶ必要があります。

工作物の特徴を理解し、適したものを選ぶようにしましょう。切削加工のとはのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です