日本の工業技術は世界一であるといっても過言ではありません。元来日本人は手先が器用であり、繊細な仕事に適している人種だとして有名です。その類稀な能力を生かし、工業製品を生産し輸出などをして日本の国を立て直し、経済大国にのし上がることが出来たといっても過言ではないのです。こうした工業技術は、大きな企業にだけ見られるものではなく小さな町工場でも見ることができます。

切削加工は世界一ともいわれ、その高度な技術のほとんどが町工場でみることができるのです。町工場の切削加工で出来たねじがNASAのロケットを打ち上げているというのは驚きでしかありません。切削加工の定義とは工具を用いて金属などの材料を削って加工する技術を言います。定義に基づくと、当たり前で単純な加工であるのだと感じます。

しかし定義は簡略して述べたにすぎず、その種類は実に様々なものがみられるのです。大きく分けると切削加工は二つに大別することが出来ます。加工する工作物を固定して工具を回転させて削る転削と言われるものと、工作物を回転させて削る旋削という削り方がそれにあたります。転削にはフライス加工があり、これが代表的なものになります。

さらに汎用フライス、NCフライスなどという削り方があります。マシニングセンタ,NC歯車化工機などもフライス加工にあたります。手動かマシンで削るかで名前が変わってきます。旋削の代表に旋盤加工があります。

汎用旋盤とNC旋盤に大別できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です