切削加工は金属や樹脂などの素材を専用の機械を使用し、設計通りの形状に整形していく加工方法であり金属を使用した製品を作るための最もメジャーな方法といえます。切削加工にはターニングやミーリング、ドリリングといった3種類の加工法があり、金属や樹脂材料を様々な大きさや厚さ、形状に加工することによって高品質な製品を作ることが出来るメリットがあります。近年はコンピューターによる聖女が加工になったことにより、設計が比較的簡単で精密なデザインができるようになったことや、サイズなどの微調整もしやすい特徴を持ちます。このように切削加工は様々なメリットがある反面、実際に導入する場合には問題点もあるといわれています。

それは切削加工を行う専門業者が扱える素材のサイズや、材料が異なることが多く場合によっては作りたい製品にマッチした専門業者が見つけづらいという点が挙げられます。例えば大型の鉄に特化している専門業者の場合、アルミニウムの小型製品の加工は不得意である場合が多いですし、小型部品を専門に扱っている専門業者であれば何メートルもある大型製品を作ることを得意としない問題が出てきます。こういった問題から切削加工が出来る専門業者であっても、加工を得意としている素材や大きさは何なのか必ず発注前に確認することが重要です。またこの加工方法は素材を削りながら製品を加工する性質上、時間が長くかかりやすく大量生産には向いていません。

一つ一つ製品を削り出すため切り屑が無駄になるなど、コストが割高になってしまう問題点も挙げられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です