自然の風景と都会の風景の大きな違いには、どのようなものがあるかということについて考えてみます。その前にまず前提としてわかっておかなければならないことに、自然の造形というのは動物や植物などの自己発展的な成長によって形成されているというものです。山の形なども、土地が隆起して侵食されていって形作られていくという過程を経ています。それに対して人工のものというのは、形を整えるという加工過程が入っています。

通常その際にはなるべくコストがかからないようなことを行なうため、直線的な部分がたくさんできてきます。したがって、自然の造形と人の造形を比べると、人による造形の場合には直線的な部分が多いということが特徴となります。この様な人による造形を行う際に必要なものとして、材料加工というものがあります。さまざまな原料などを持ってきて、必要な性質や形を持つように手を加えることを言います。

加工の中でも特に、精密な形状を出現させる際に用いられるものに切削加工があります。切削加工は、通常材料とバイトなどの間で相対的に速度を持った状態にしておいて、バイトで材料を削るというような方法が用いられます。特に精密が切削加工を行わなければならないという場合については、通常考えられないことが影響として現れてきます。影響を与えるものの一つに、材料の切削加工による加熱というものがあります。

一見何の関係もないように思われますが、全てのものは加熱すれば膨張しますので、加工加熱による膨張が加工自体に影響を与えるということになるわけです。精密な加工であればあるほど、これは注意しなければなりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です