私達は様々なものに取り囲まれて生活を行ってきています。私達の周りにはさまざまなものが溢れています。よく考えてみると、そのようなものの中には人の手で加工されたものが浮かびます。大きく言ってしまえば、自分が住んでいる家というのも人手で加工されたものです。

このように人手で加工されたものの特徴というのは、特に趣味があって独特のことを行わない限りはかなり直線に近いものとなっています。その理由は同じ加工を行う際にも、直線的に行う方が技術的にも簡単にもなりますし手間も省け経費が安上がりになるからです。このようなことから、自然のものと人手で作られたものというのは形が自ずから異なってきます。このように人手で作られたものの形というのは直線的になるものが多い訳ですが、その他の形としては円形のものというのもあります。

これは円というのが、中心からの長さを一定にするという条件を作れば簡単に作り出せるからです。様々な材料を加工する際には、このような事から直線と円という形にするというのが通常となっています。このような材料の加工を行う際によく用いられるものに切削加工があります。切削加工とは、材料とバイトなどの間に相対的な速度を設けて、それにより材料を削りとるというような方法を行うことです。

条件を整えればミクロン単位の精密が出産可能加工も可能です。しかしその際には日常生活では考えられないような影響も考慮しなければならなくなります。この影響を与える条件としてまず考えられるのが熱膨張です。なぜならば、切削加工の際に材料とバイトが相対的にすれ合うようなことにより摩擦熱が発生し、材料が熱膨張するということが影響を与えるからです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です