射出成形は溶けて流体の性質を持ったプラスチックを、圧力をもって型に流し込んで任意の形を作るものです。その基本的な部分を共通としながら、いくつかの種類に分かれます。まずスタンダードな種類は、熱によってプラスチックを溶かし、それを型に流し込んだ後冷却して形を固定します。それとは別に冷却するのではなく、加熱することで固まる樹脂もあります。

固まるまでに時間がかかりがちですが、主に成形後に高温に接したり、耐久性を求めるために選ばれます。こちらは冷却するタイプよりも、流体になった際に粘度が低くなりやすいので、型に流し込む際にそこまでの圧力を必要としません。さらにリム成形という種類では、複数の流体を使用します。それを同時に型の中に流し込むと、内部で化学反応が起きて固まるという仕組みです。

また標準的な射出成形では、仕上がるプラスチックには形を与えることしかできません。型は複雑にできますが、複数色で構成させる程度が限界です。表面に印刷を施すなど色を与えるためには、別の作業が必要となります。その作業の手間を省くための、インモールド成形という種類もあります。

あらかじめプラスチックの表面に施したい印刷をしておいたフィルムを型の中に入れ、その後で射出成形を行うことで、仕上がった時には印刷が済んでいる状態になります。これは様々な模様であったり、家電の説明書きや企業ロゴなど、様々なデザインのために使用されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です