工業製品やその部品を製造する方法にはさまざまな種類がありますが、射出成形もその1つです。プラスチックなどの合成樹脂をいろいろな形に加工する際によく用いられています。射出成形は、原料を熱で溶かしたのちに型の内部に送り込み、そのまま固めることで成形を行う技法です。まったく同じ形の製品や部品を何度も繰り返し作り出すことができるため、日用品などの大量生産に向いています。

身の回りにある品々の中にも、この技法で作られたものがたくさんあります。射出成形のやり方は、素材の種類に応じて大きく2つに分けることができます。1つは熱可塑性の素材を使うやり方で、高温になるまで加熱した素材を低温の型の中に流しいれ、冷え固めることで成形します。もう1つは熱硬化性の素材を使うやり方で、こちらはまず低めの温度に加熱した素材を高温の型内に流し込んで成形し、温度が下がるのを待ちます。

いずれの作業も、それぞれの種類に合わせて設計された成形機によって一連のプロセスを自動的に行うのが一般的です。射出成形によって生み出される製品は多岐にわたっており、中でもプラスチック製品は大半のものがこの技法によって生産されています。洗面器やヘアブラシなど成形機から取り出した状態がそのまま完成品になるものもあれば、パソコンの筐体など組立工程に回されることで製品化されるものもあります。製品の種類にもよりますが、簡単な形状のものであれば数秒間に1個の割合で生産することができます。

射出成形の種類のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です